特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士とは、社会保険労務士の有資格者のうち「厚生労働大臣が定める研修」を終了し、「紛争解決手続き代理業務試験」に合格した後にその旨を全国社会保険労務士連合会に備える社会保険労務士名簿に付記した者をいいます。

 

(特定社会保険労務士の業務)
残業代の不払い、給与の不支給、解雇、退職金の不払い等の様々な労使間のトラブルが増え続けております。
これらの労使間のトラブル(個別労働紛争)の解決の方法として勿論裁判という方法がありますが、裁判を起こせば費用、時間がかかりますから裁判という方法によらずに「裁判外の紛争解決手段」(ADR)の利用によって紛争解決を図ることが最良の方法となります。

そのADR機関に対して特定社会保険労務士は依頼者(労使を問わず)の「あっせん代理人」として個別労働紛争の解決にあたります。 又、特定社会保険労務士の代理業務には相手方との和解交渉及び和解契約の締結業務も含まれます。

 

(紛争解決手続代理業務)